『ミヤリサン錠』『強ミヤリサン錠』は酪酸菌パワーで腸内健康をサポートしてくれます!

便秘や下痢などといったお腹のトラブルで困っていませんか?
腸内環境を整えておくことは毎日を健康に過ごすためにとても重要です。

継続的に整腸剤を服用している方も結構多いようですが
なかなか自分の体に合ったものに出会えず悩んでいる方もまた多いそうです。
みなさんはいかがですか?

今回は、長く日本で愛されている整腸剤のひとつ
ミヤリサン製薬の 『ミヤリサン錠』 と 『強ミヤリサン錠』
という製品についてご紹介します。

製品を選ぶ上での特長やポイント、効能と副作用、購入方法などについて
順にチェックしていきましょう。

123234

ご注文はこちらから通販サイトAmazon.co.jpでミヤリサン錠を探すならコチラ

ミヤリサン錠の特長と商品選びのポイント

● 宮入菌の作用で腸内環境を整える

ミヤリサン製薬の 『ミヤリサン錠』 と 『強ミヤリサン錠』は
腸の正常なバランスを保つ酪酸菌(宮入菌)の作用で、腸内の健康をサポートしてくれます。

原材料は
宮入菌末、乳糖、トウモロコシデンプン、タルク、
結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、白糖」のみ。

医薬部外品ですが、
病院で処方される医薬用の「ミヤBM」などと同様の菌が使用され、
その特性を活かしてすぐれた効果を発揮します。

宮入菌は腸内で発育し、他の腸内有益菌(ビフィズス菌・乳酸菌)の発育を助けて
腸内細菌叢の正常なバランスを保つことで整腸に役立ちます。

また、抗菌性物質を生み出し
腐敗や異常発酵の原因になる有害菌の発育をおさえて便秘を改善
おならや大便の強いにおいを抑える効果も期待できます。

加えて腸内でビタミンB群(B1・B2・B12・ニコチン酸・葉酸)を作り出すはたらきも。

医薬品に頼らず、自然な菌のチカラで体調を整えられるのは嬉しいですね。

● 飲みやすい粒タイプの錠剤

『ミヤリサン錠』には1錠あたり10mg
『強ミヤリサン錠』には1錠あたり30mgの宮入菌末が配合されています。

15歳以上の成人の場合『ミヤリサン錠』は1回6錠、
『強ミヤリサン錠』の場合でも1回3錠の服用が推奨されています。
年齢によって服用個数を調整するため仕方がありませんが
1度に6錠も飲むの!?大変そう・・・」と思ってしまうかもしれませんね。

でも、ミヤリサンの錠剤はとても飲みやすい小さな粒タイプなので安心してください!
口に薬が残らず、小さなお子さんでもスムーズに固定量を飲むことができます。

それでも錠剤が苦手・・・という方は
すこし多めの水またはお湯と一緒に、数回に分けて飲むと良いですよ。

腸内環境によって効き目に差がありますが
各自で簡単に摂取量を調整することができるのも嬉しいポイントです。

● 継続に便利な大容量サイズも

『ミヤリサン錠』には、630錠入り/2000錠入り
『強ミヤリサン錠』には、90錠入り/330錠入り/1000錠入り の商品があります。

『ミヤリサン錠』1回6錠×3回/日と、1日あたり18錠を服用する場合
2000錠入りのものを購入すれば毎日飲んでも3ヶ月以上続けられます。

整腸剤は、下剤や便秘薬のような医薬品とは違い
腸の中の善玉菌を増やすことで健康をサポートしてくれるものです。
毎日摂取することによる害はなく、
サプリメントのように継続して服用することで毎日の健康維持に役立ちます。

大容量タイプなら大事な時にうっかり切らしてしまう心配も少なく、
家族みんなで使用しても大丈夫。
しかも、少量タイプよりお得に購入できますよ。

● 『ミヤリサン錠』と『強ミヤリサン錠』の違いは?

似たような製品が同じ会社から販売されているので
どちらを選んだらいいの?「強」とつく方が効果が大きいの?
・・・と迷ってしまいますね。

2つの製品の基本的な成分は同じです。
明確な違いは、先述もしましたが酪酸菌(宮入菌)の含有量。
『ミヤリサン錠』には1錠あたり10mg、
『強ミヤリサン錠』には1錠あたり30mgの宮入菌末が配合されています。

一度の摂取量に言い換えると
『ミヤリサン錠』なら6錠で60mg、『強ミヤリサン錠』は3錠なので90mg。
つまり『強ミヤリサン錠』の方が1.5倍多くの宮入菌を摂取することができ、
その分効き目も強いということです。

でも「強い効き目の方が腸の健康に良い!」とは一概に言い切れません。

酪酸菌があなたの体に合うかどうかもわかりませんから、
初めて服用する場合には通常の『ミヤリサン錠』から使用してみて
少し様子を見てみると良いかもしれません。

使用者のクチコミなどを見てみても、感じ方は人それぞれです。
便通や腸内環境の状態、体質をみながら
より強いものが必要だと感じたら選んでみると良いと思います。

ミヤリサン錠・強ミヤリサン錠の主な効能と副作用

主な効能は「整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感」となっています。

便秘や下痢のほか、お腹の張り、便やおならのにおいを改善したい方に効果的です。
腸内環境が改善されることで便通が整うと自然なダイエット効果も期待できます。

ミヤリサン錠には副作用の記載はありません。
便秘薬や下剤などに比べると非常に安全性の高い製品です。

但し、服用を始めてしばらくの間は腸環境が改善されるまで
便秘や下痢の症状が逆に顕著になるようなこともあるようです。
ごく稀にアレルギー反応を起こす方もいるかもしれませんので
自身の体に合っていないと感じた場合には服用を控えてください。

授乳中・妊娠中の服用も問題ありません。
生菌製剤ですので、成分が血液中へ移行するということはなく
菌は便中にすべて出てしまいますので、胎児や母乳へと影響することはありません。

ミヤリサン錠・強ミヤリサン錠の購入について

『ミヤリサン錠』『強ミヤリサン錠』は医薬部外品です。
もちろん処方箋の必要もなく手軽に入手することができます。
量販店やドラッグストアの整腸剤類の売り場で探してみてください。

『強ミヤリサン錠』の方は取り扱っている店舗が少ないという情報もあります。
見つからない場合にはAmazon.co.jpや楽天市場などの大手通販サイトでも購入できます。

大容量タイプをまとめて買うと更にお得な価格設定になっていたりもするので
服用状況に合わせてお得な買い方を選んでみてくださいね。


ミヤリサン錠
630錠入り/希望小売価格 1,200円(本体価格)
2000錠入り/希望小売価格 2,500円(本体価格)
強ミヤリサン錠
90錠入り/希望小売価格 1,000円(本体価格)
330錠入り/希望小売価格 2,400円(本体価格)
1000錠入り/希望小売価格 7,000円(本体価格)

ご注文はこちらからLOHACOで強ミヤリサン錠を買うならコチラ

まとめ

ミヤリサン製薬の
『ミヤリサン錠』 と 『強ミヤリサン錠』 についてご紹介しました。

酪酸菌(宮入菌)の自然な作用によって腸の正常なバランスを保つ、
健康のために安心して継続使用できる整腸剤です。

長年使い続けている利用者も多く
通販サイトでもたくさんのクチコミを見ることができるので
参考にしてみてはいかがでしょうか。

「いろんな整腸剤を試してきたけれど、これが一番効いた!」とか
「治らないと思っていた便秘症が改善されて毎日スッキリ~」など高評価も多い製品です。

もちろん「自分の体質には合わなかった」「効果がなかった~」という方もいます。
体調の変化に気をつけながら効果を試して、あなたに合った整腸剤を見つけてくださいね。

ご注文はこちらから通販サイトAmazon.co.jpでミヤリサン錠を探すならコチラ

いかがでしたか?
他にも様々な医薬品についてご紹介しています。
ぜひ興味のある他の記事も読んでいってくださいね。