医師が処方する男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)「プロペシア」についてご紹介。購入時には医師への相談をおすすめします。

「プロペシア」は世界で初めての医師が処方する男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。
世界60ヶ国以上で承認されており、日本では2001年より臨床研修開始。
2003年に厚生労働省に承認申請をし、2005年より各医院より処方されはじめました。
錠剤薬で1日1回の内服により効果を表します。

主な効能は
男性型脱毛症の進行予防・改善・治療

AVAとは成人男性によく見られる髪が薄くなる症状で、
額の生え際や頭頂部どちらか一方または双方から薄くなっていきます。
最初は抜け毛程度ですが、どんどん進行し薄毛や頭皮が目立つようになります。

ご注文はこちらから通販で養毛・育毛剤を探すならコチラ

プロペシアの主な副作用として
性欲減退、陰茎の勃起力が弱くなる、食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜が黄色くなる(肝機能障害)
などが報告されています。
これらの症状が出た場合は服用を控え早急に医師に相談してください。

プロペシアはジェネリックとして一部では通販でも取り扱っていますが
基本的に一般的な通販では購入できません。
その分効果が明らかではありますが”一部の通販”での購入はお勧めいたしません。

AGAについて相談できる病院・医院を探し、相談後に処方箋を頂いて購入してください。

ご注文はこちらから通販で養毛・育毛剤を探すならコチラ